HOME >> WORKS(家づくり実例) >> 岐阜県 各務原市 M様邸

WORKS家づくり実例

やっぱり手しごとの家

岐阜県 各務原市 M様邸

以前職人をされていた住まい手さん。

職人さんらしく「手しごとを活かした家がいいな」とのこと。

「でも、寒いのはいやね」と奥様。

というわけで、職人の手仕事を活かした高性能な家となりました。以前のお住まいの奥の敷地へ建て替えです。

ガラリ戸と内障子は紙太の家の定番となりつつあります。

ガラリ戸は室内に、冬は暖かい日差しを取り入れ、夏の日差しはカットします。

座敷とLDKの間の障子は、元建具職人らしくこだわりが…桟の幅や高さ、引き込みの具合など、私たちも勉強になりました。

玄関のベンチの屋久杉は、いつか使用しようと保持されていた逸品。活かすことができてよかったです。

収納やTVボード、ウッドデッキなど、木を活かした手しごとがあるお住まい。そして奇をてらったデザインではなく、日本の文化を感じるお住まいです。

Q値 0.96 Ua値 0.3  C値 0.3

壁断熱材 220㎜ 屋根断熱材 300㎜ 付加断熱仕様

サッシ トリプルガラス

家中温度差のない住まいにするために吹抜けができない場合の対処法として、2階の廊下をすのこ状にしています。2階はお孫さんの部屋。
紙太の家は基本的にできるだけバリアフリーにしているので、玄関の框(かまち)を含めて段差は極力ありません。
住まい手さんが終の住まいとして、その後はご家族に受け継がれるサスティナブルな家。
あたたかく、穏やかな暮らしがそこにはあります。

ご相談予約
お問い合わせ