HOME >> VOICE(住まい手の声) >> 愛知県 一宮市

VOICE住まい手の声

花池の家

愛知県 一宮市

四季を通して暮らしてわかったことや暮らしの工夫など、あれこれをお聞きしました。

Q1 どんな家を建てたかったですか?

ご主人 「性能のいい家。知人が高性能な家を建てたとき訪問して、家の性能の大切さにに目覚め、いろいろ調べ始めた。社長のブログを見つけて、読むようになった。
実家が寒かったので、暖かい家に住みたかった。
性能だけでなく、デザインも大切と思っていた。」

奥様 「デザインにこだわりがあったので、いろいろ選べる家づくりをしたかった。(タイルや照明など)」
     

Q2 家づくりのパートナーを紙太材木店に決めたポイントは何ですか?

・はじめてショールームを訪問した時に、具体的な数値を示しながら説明してくれた。エビデンスがあった。
・何でもできるではなく、家にとってしない方がいいことをきちんと説明された。
・社長の人柄が信頼できた。
・家づくりをとことん追求している姿勢がおもしろいと思った。
・デザイン面も好きだった。

Q3 家づくりでこだわったところは?

ご主人 「性能はもちろん、デザインも。
間取りはシンプルな一つの大きな空間に。廊下などは失くしたかった。
本棚や棚、デスクも合わせて造りたかった。」

奥様 「キッチンをアイランドにすること。木のキッチンと食洗器(ミーレW600)。
照明はもちろん、タイルやスイッチ類も自分の好みのものにしたい。」

Q4 暮らしの中で以前と変わったところは?

・家中どこにいても快適。住み心地がいい。一日家の中にいると外の暑さや寒さがわからなくなる。
・薄着になった。厚い下着類は全く不要になった。冬、外に出ると寒くてビックリする。
・子どもの遊び場が広くなった。
・お気に入りのタイルが目に入るとテンションが上がります(笑)(奥様)

Q5 夏はいかがでしたか?

・エアコンはロフトに設置した一台稼働で、とても快適です。外に出たくなかった。
 エアコンの風が直接当たり冷えるということはまるでなく、空間全体の快適さがある。

・熱帯夜は夜寝る時、ロフトのエアコンの風を2階の寝室にサーキュレーターで少し送る程度(奥様は必要を感じないそうです)

Q6 冬はいかがでしたか?

・1階の脱衣室設置のエアコン1台稼働のため、当初は2階寝室が寒く感じた。
 いろいろ工夫して、サーキュレーターやロフトのエアコンも稼働しながら、快適な方法を見つけた。
 エアコン1台で少し寒いと感じながら暮らすより、2台稼働して快適な方がストレスがない。(2台以上の設置を勧められたが正解だった)

・乾燥はそれほど感じない。

Q7 お住まいでお気に入りのところは?

ご主人 「あたたかいところ。
2階に設けた洗面シンクが、思ってた以上に便利でした。
キッチンはバックカウンターや収納も含めて、アイランド型、動線、デザイン、機能、素材、全てよかった。」

奥様 「キッチンの使い勝手とタイルです。」

Q8 これからお住まいで楽しみたいところは?

奥様 「雑貨など増やして、ニッチや棚などに飾っていきたい。
今は子供の遊び場としてマットを敷いてあるけれど、もう少ししたらウォールナットの無垢のフロアをたのしみたい。」

ご主人 「自分のPCコーナーをどこかに確保したい。」

紙太材木店からのコメント

暮らして1年と少し。

快適に暮らすために、室内にいくつも温湿計を置かれて実験的に工夫されているご主人。その考察をお聞きして、感心しきりです。これからの家づくりの参考にさせていただきます。

これも一つの「暮らしに手をかける」ことですね。楽しんでいらっしゃいました。

奥様は夢だったお好きなものでつくりあげた空間。「見るたびに気分が上がります」「ハウスメーカーとの家づくりでは、ここまで叶えることができなかったと思う」とのお言葉はうれしかったです。

お伺いしたのは寒の内の一番寒い季節。ご主人がごく自然に素足だったことが、あたたかい家の証だと思いました。暑さ寒さのストレスのない家で、ご家族の豊かな暮らしが育まれることと思います。

ご相談予約
お問い合わせ