HOME >> ケヤキの木の下で

社長ブログケヤキの木の下で

中古住宅でも

 

 

  • おはようございます、紙太材木店の田原です。
    今朝6時 外気は26度で85%
    窓を開けていても寝苦しいはずですね。
    今週は昼も夜も要注意です。

 

  • 週末は犬山の家のリノベーション見学会でした。
    暑い中、お越しいただいた皆様には
    ここに改めてお礼を申し上げる次第です。
    30年ほど前の〇友林業の平屋の家のリノベーションです。
    Iphoneのパノラマなので
    画像に少しゆがみがありますが、
    雰囲気はお分かりいただけるでしょうか。
    写真を簡単に解説すると
    以前にあったのは和室二間と広縁、
    それに床の間と押入れ
    それを一つにして
    キッチンとダイニングにしてあります。
    右手に見える縦格子の障子のあるところは
    出書院と言われるもので、
    日本建築では通常床の間の窓側にあります。
    床の間の右手は仏間であったり
    押入れがありますが、
    こちらの家では両方とも撤去して
    キッチンの食器棚スペースとしています。
    写真右手の黒い食器棚がそうです。
    天井は撤去して梁が現しとなる勾配天井です。
    梁の上には屋根を支える束が何本もありますから、
    断熱と気密を強化するには難儀します。

 

  • 当時の大手のHMの断熱は床はスタイロで2センチ
    (入っていればいい方で愛知県だとないケースが大半)

    壁、天井はグラスウールで厚さは5センチ程度
    気密なんて考えていませんから、
    現地で打合せをしているとどこからともなく
    冷気が入ってくるのが分かりました。
    古い住宅の断熱強化の手法は
    既に新住協で確立されていて、
    技術資料として会員に公開されていますからご相談ください。
    以前も申し上げましたが、
    筋のいい中古住宅はこれから需要が高まると思われます。
    なぜなら、単に中古と言うだけで
    筋のいいい中古住宅も
    筋の悪い中古住宅も
    市場評価は同じです。
    でも、いざ断熱性や気密性、
    耐震性を上げようとすると
    係る費用には相当程度の差が出ます。
    でも、今はどちらの住宅も同じ評価です。

 

  • 一般の方はまだご存知ありませんが、
    国は住宅建築に関する
    法改正を矢継ぎ早に進めています。
    減少する人口
    溢れる空き家
    中でも性能の低い住宅を建ててもらっては
    子々孫々、社会全体のお荷物と言うことに
    遅ればせながら気が付いたわけです。
    ということで
    今国が準備を進めているのが、
    リノベーションでも
    確認申請の提出を義務化するというもの。
    どの範囲までのリノベーションに適用するか
    実はまだ明確ではありませんが、
    法改正の流れの主旨は
    いい加減な住宅や住まいは
    新築でもリフォームでももうこれ以上認めない
    実はヨーロッパなどでは
    新築のみならずリノベーションでも、
    行政の許可が必要な国が多数あります。

 

  • 年々ひどくなっていく夏の暑さ
    温室効果ガスの排出をいかに少なくするかを
    誰もが考える必要があります。
    価格優先で
    性能の低い新築住宅を建てることができる期間は
    まだ少しありますが、
    社会全体の大きな流れを見れば
    建ててはいけない住宅です。
    そんな家を建てるより
    筋のいい中古住宅を購入し、
    性能向上のリノベーションする方が
    社会全体にとっても
    自分自身にとっても
    いいのではないでしょうか。
    実家があるのに
    新たに土地を購入して
    性能の低い家を建てる
    あなたにとっても
    それを相続するお子さんにとっても
    リスク以外ありません。

 

  • ps
    国はリノベーションに対しても補助金を出しています。
    長期優良住宅化リフォームだけでなく、
    窓や断熱材、設備機器と言った
    個別の性能向上に資するものも対象です。

 

  • .

 

 

Archive

上から給気

 

 

  • おはようございます、紙太材木店の田原です。
    梅雨も明けてすっかり夏ですね。
    先ほどから蝉が一斉に鳴き始めました。
    ただ、先日までの雨で
    まだ地面は乾いていなくて、湿度は80%を超えています。

 

  • さて、湿度(水蒸気)
    冬は足りなくて
    夏は有り余って
    あの手この手を使って、処分しなければなりません。
    最近の家づくりを検討される方も、
    夏の水蒸気の処理に
    関心を持たれるようになりました。
    住宅情報を収集する過程で
    換気の重要性や
    換気の種類
    気密の大切さなどに気が付かれるわけですが、
    玉石混合の情報の中で
    茶畑の中に入ってしまわれる方も・・・

 

  • その中の一つに給気口の取付場所を
    どこにするかと言うのがあります。
    壁付けの3種換気の場合、
    ダーティーゾーンである
    トイレや浴室、キッチンから排気して
    給気は各居室に給気口を設けます。
    その給気口を
    エアコンの下に設けるのか
    横かあるいは上か
    どこにしたらいいか?
    基本は 拡散する前に捕まえる、ですから
    エアコンの吸い込み口のすぐ上になります。
    なぜなら、
    エアコンの吸い込み口は
    エアコン本体の上部にあるからです。
    吸い込んだ空気を
    エアコンが温めたり
    冷ましたりして吹き出す。
    夏であれば
  • 高温で湿気をたっぷり含んだ空気が
    家中に散らばる前に、
    吸い込んで結露させ冷たい空気にして送り出す。
    冬であれば
    冷たい空気が部屋の中に
    拡散する前に吸い込んで暖かくして吹き出す。
    給気口とエアコンの吸い込み口が
    離れれば離れるほど、
    高温の空気
    冷たい空気
    高湿度な空気は
    エアコンを通らず室内に拡散していきます。

 

  • 一旦拡散したら、家中に広がったら、
    それを捕まえるのは大変。
    吸い込み口は一つしかありませんし、
    場所は固定されてます。
    自分で動き回って
    水蒸気や冷たい空気、暑い空気を
    捕まえることはできません。
    エアコンに気持ちよく働いてもらうには
    効率よく働いてもらうには
    室内をより快適にするには
    給気口の位置は、
    入ってきた空気がエアコンの吸い込み口の上に
    来るようにしなければなりません。
    すぐ上に来たとしても
    ダクトで繋いでいるわけではありませんから
    わずかな距離で
    室内の空気と混合されることになります。
    壁付けの3種換気では
    各居室に給気口がありますから
    エアコンも各部屋に必要ですが、
    ダクト式の3種であれば
    給気口は家の中で1か所に絞ることができます。
    つまり、工夫次第で
    1台のエアコンで家中全室冷房も
    可能と言うことになります。
    もちろん断熱や日射遮蔽、気密は必須となります。

 

  • 明日は犬山の家のリノベーション見学会。
    あと1枠空きがありますので、
    ご興味のある方はご予約ください。
    こちらから
    お客様テイスト満載のお住まいです。

 

  • 犬山の家

 

 

  • .

 

 

Archive

建替えの前に

 

  • ハーフユニットバス 
  • こちらは、週末に平屋リノベーション完成見学会します

 

 

  • おはようございます、紙太材木店の田原です。
    今朝は21度で95%
    湿度が95%あっても気温が21度だと
    違和感はありません。
    不快指数は
    暑くないと心地よいの間くらいでしょうか。
    そろそろ梅雨明けの気配ですね。

 

  • 本日は建て替えに伴う解体工事の現地調査。
    既存の家を解体するのには
    実は心情的に抵抗があります。
    まだまだ使えてもったいない・・・
    もちろん様々な事情がありますし
    当のご本人も考えた末のことですから、
    いろんなアドバイスはできても
    最終的な判断は当事者となります。
    家を解体するなんて経験は
    家を建て替えない限りありませんが、
    今後予想される溢れる空き家時代には
    使い道のない
    売れない
    相続した親の家を解体して、
    更地にして国庫に返納という
    ケースも増えると思われます。
    と言うのも空き家に対する固定資産税の減免は
    遠くない将来、
    段階的に廃止の方向と思われるからです。
    家を解体する、その費用は自分の負担です。
  • 問題はその解体費用
    廃材処理費も高騰してますし
    アスベストの問題もあります。
    ほぼどんな家でもアスベストが使用されていると思って
    間違いはありません。
    なので解体工事をする時は、
    全ての家でアスベストの
    事前調査が義務付けられています。(もちろん有償です)
    何にアスベストが含まれているか?
    検索していただくと、こんなものにもアスベストが…
    事前調査はサンプリングして
    検体を専門機関に送って
    判定してもらうことになります。
    もちろんサンプリングは複数で、一体毎に検査となります。
    廃材の分別処理
    アスベストの解体作業者の
    長期に渡る健康管理等
    コストが上がることはあっても下がることはありません。

 

  • 自分でも不思議なのですが、
    プレハブ住宅の解体にはそれほど抵抗はないんですが、
    木造住宅の解体にはなんだかなという
    もやもやとした感情が湧いてきます。
    特に瓦の屋根で真壁で日本家屋を体現したような家は、
    再生工事を経験している設計者や
    工務店から見ると
    いかようにでも再生できると分かっています。
    その経験がない
    設計者や工務店、HMと相談すると
    「建て替えた方がいいですよ」
    ・・・・
    岐阜の田舎で日本家屋を体現したような家は
    40坪を越えますし、
    鉄骨の車庫があったり庭や植栽もあります。
    となれば解体工事費は皆さんが思っているより
    遥かに高額で片手くらい(500万)
    あるいはもっと、覚悟する必要があります。
    それだけあればスケルトンにして
    基礎も含め耐震補強ができます。

 

  • 建て替えをお考えの方は
    最初に行った相談先のHMや工務店、設計者が、
    どういう考えの持ち主かでその先は大きく分かれます。
    どこに相談に行くか?
    その事前調査や情報収集が
    運命の分かれ道かもしれません。

 

  • .

 

Archive

エアコン不要?

 

  • おはようございます、紙太材木店の田原です。
    ここ数日は暑さよりも湿気に、
    難儀でしょうか。
    少し体を動かすだけで汗が噴き出てきます。
    今朝も外気は24度で95%
    エアコンなしの生活が想像できません。

 

  • ひところ今の高性能な住宅が一般的になり始めたころ、
    エアコンのいらない家と言うのが出ました。
    多くは通風がメインの暑さ対策でした。
    湿気、つまり水蒸気対策が
    どうなっているのかはよくわかりません。
    通風の風が
    汗を乾かしてくれる
    汗が乾く時に
    体の表面の気化熱を奪ってくれるから
    涼しくなる
    これが水蒸気対策?だと
    どこかで聞いたような気がしますが・・・

 

  • 室内の水蒸気を減らすには結露させるか
    デシカント式で
    乾燥剤に水蒸気を吸着させるか
    この二つしかありません。
    除湿機は2種類で
    コンプレッサー式とデシカント式
    コンプレッサー式と言うのは
    エアコンと同じで空気を冷やして、
    結露させて結露水を排出します。
    デシカント式は
    乾燥剤(ゼオライト等)が吸湿しますから
    暖めて水にして出します。
    一般的なのは
    エアコンで除湿することで
    除湿機を使うより、除湿できます。
    24度で除湿だけしようとすると
    どうしても気温が下がってしまいます。
    除湿できたけれど
    足元が寒くなるんですね。
    これはもう、温めるしかありません。
    エアコンで暖房するか
    電気ストーブか
    日射があれば日射ですが
    今日のような曇り空では期待できません。

 

  • 2階や吹き抜けのエアコンで除湿して
    寒ければ1階のエアコンで暖める
    再熱除湿のエアコンを使う
    我慢するのではなく、工夫することが大切。
    エアコンの温度設定も
    冷房の温度や
    暖房の温度も
    いろいろ変えて試してみると
    ある意味、住まいの発見があります。
    夏の窓は遮熱で
    シェードを閉めたまま
    雨戸をずっと閉めたまま
    吉津を立てかけたままと
    決めつけるのではなく、
    冷房や除湿時の冷えすぎた室内を暖める再熱の
    お金のかからない熱源と考えると、
    利用しない手はありません。
    条件に当てはまる家が
    どれだけあるか分かりませんが、
    高性能な家ほど冷えすぎる傾向にあります。
    夏や梅雨時に冷えすぎや
    除湿を意識したことがない家であれば、
    それはそれでいいのですが
    性能が高くなればなるほど
    ​気になる傾向にあります。

 

 

 

  • .

 

Archive

バルコニーって

 

 

  • おはようございます、紙太材木店の田原です。
    朝から土砂降り
    ニュースでも岐阜県は美濃加茂市辺りに、
    強い雨が降ってると言ってました。

 

  • さて、住宅で雨漏れリスクの高い所の一つが、バルコニー
    仲間内の工務店でも、
    耐久性やメンテナンス性を意識してるところは
    バルコニーはNGです。
    はっきりお断りしてるところもありますし、
    どうしてもと言う場合は
    バルコニーの上に屋根を付けたり
    後付けで屋根の上に
    バルコニーを乗せて
    建物の構造とは切り離したりして、
    何らかの工夫をしています。
    当初はバルコニーを付けたいという方でも
    どんな生活がしたいかとか
    暮らしの動線や
    希望をお聞きしていくと
    どうしてもバルコニーが必要というケースは
    滅多にありません。
    大手のHMでは
    建てて10年後の保証の延長時には、
    FRP防水のやり替えが
    延長条件の一つになってるのが普通。
    早め早めにメンテナンスをするのは
    大事なことです。
    バルコニーを設置したなら、
    10年毎にそうすべきでしょう。

 

  • でも、家を設計してる時に
    そんなメンテナンスが必要になるとは
    恐らく言われてないでしょうね。
    もう一つ
    やり替えればいいならそれでいいか?
    技術的な話しになりますが、
    防水の基本は下から順番。
    つまり、新築時でも
    バルコニーのFRP防水をしてから、
    その上の外壁の防水紙を張っていきます。
    防水紙が、FRP防水の上に重なるわけです。
    万一、水が防水紙の上を流れてきても、
    防水紙がFRP防水の上にありますから
    そのまま流れていきます。
    FRP防水をやり替えるということは
    一旦FRPを剥がしますが、外壁までは剥がしません。
    FRPだけ剥がします。
    そうすると新築時には下から順番が守られますが、
    やり替え時には
    既に上は出来上がっていますから
    上から順番になります。
    やり替えたFRPと既存の外壁とのつなぎ目が盲点。
    コーキングで?かどうか
    皆さんどうやっているのか分かりませんが、
    私は不安で心配なのでバルコニーはNG

 

  • 10年ほど前にも
    同じようなことを書いていましたから、
    興味のある方はこちら​をご覧ください。

 

  • .

 

Archive